AX ZONE0467

2010年09月28日

観音さま最中!

R0013985.JPG

ねえ、こんなのあるって知ってた?

まあ、そういえば大船観音も鎌倉のシンボルなんですよね。
電車の中で観光客や遠足の子供たちに指を指されてますけど、
なんか我々にとっては八幡さまや大仏さまはすぐに想起しても、観音さまのことは忘れがち。
大船は鎌倉なのか?(笑)っていう永遠のテーマと関連してるのかも。

それにしても、この最中、よく似てる・・・・


ラベル:大船観音 観音
posted by 0467 at 00:08| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

【レポート】七面山から秋分のご来光を拝もう企画(5)

お部屋に戻り、朝食をいただきます。
こんな感じ。
お腹ぺこぺこ。ご飯とお味噌汁お替わり。
下山に当たって、たくさん食べないと。


敬慎院の朝食。モチロン精進料理


いろいろなことに感謝しつつ、山を下ります。
下山ルートは裏参道。
こっちは階段ではなく、下り坂が続きます。
途中、少し見どころがあります。



ご神木の大イチイ
ご神木の大イチイ。



向こう側が見えるほど中は空っぽ
巨木の幹は、中がスカスカなのに、樹勢は衰えていない。
その昔、切り倒そうとしたら血が出たらしい。
それでご神木にという伝説。




影嚮石(ようごういし)
奥の院横にある影嚮石。
この巨石に七面大明神が現れたのだそう。
それは龍の姿をしていて、注連縄は龍(蛇)を表しているのだそうです。
この石のまわりを7回りするとイイことあるらしい。


そしてこの直後、雨が降ってきたので、カメラはリュックに収納。
ひどくならないうちにさっさと降りましょうと。
山の上では雷がゴロンゴロン鳴ってる。

私は昔から、山は登りより下りが得意!
ヒザに負担はくるものの、猿のように下りていける。
だが途中、かなりなスピードで下っていたよっちゃんが、着地に失敗、足を捻挫!!
これはヤバい。
雨がガーガーものすごい勢いで降ってくる中、ゆっくりゆっくり下山。


残り1/3を残すところで、またも巨木あり。
巨大なトチの木。
濃い霧に覆われているのがわかるかな。

この霧!


あと、下りで何がイヤだったって、
大量の山ヒル!
雨が降ったので大量に出てきたみたい。
あまりにキモイから写真は撮らなかったけど、ふと気づけばシューズを登ってくる。
気づかなければ、あっという間に足に登ってきて、血を吸われる。



ヒル注意を促す張り紙。実際被害に遭った
こんな張り紙がすべての休憩所にある。
そして、ヒル対策として塩水が用意されている。


ヒル対策

ヒルは人間の体温を感じて寄ってくるらしく、
あっという間に私の足めがけて数匹が襲ってくる。
しかもシューズに登られたら早いのなんのって、あっという間に足元めがけて這ってくる。
気持ち悪くて手で触れないので、小枝なんかを探してる間にも、登ってくる!
この気持ち悪さと言ったら!!
それに、木の上からヒトめがけて落ちてくる戦法もあるみたい。
帰ってから知ったのだけど、この身延山系には「蛾ヶ岳(ひるがたけ)」ってのもあるぐらい。
ヒルの名所なのね・・・・




下山!!!(裏参道の入口)

そんなことがありつつも、豪雨の中、下山!
みんなよく頑張りました!!
ものすごい修行でした。
というか筋肉痛は未だ去らず、修行はまだ続いている・・・


それにしても晴天のご来光、富士山からぴかーーーー!を見れなかったのは心残り。
「やってやった!感」がないもの。
こうなったら、次の春分の日に行くしかない!
で、その際には、裏参道から登って、表参道から下りるルートにしよう。

で、少しは鍛えて行こう。
月に一度は大山クラスでいいから登っておくとかして、備えることにした。


なので、10月は大山に登ります!




おしまい
posted by 0467 at 23:53| Comment(1) | ジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】七面山から秋分のご来光を拝もう企画(4)

翌朝は4:00起床。
普段ならあり得ないけど、スッキリ起床!
そして間もなく、「朝のおつとめ」。
また読経フルコーラス。とても気分がいい。

昨夜寝る前から、「明日のご来光は無理」情報が出ていて、
朝は雨こそ降ってないけど、雲に覆われているとのこと。
まあ仕方ない。そう簡単に行かないさ・・・




ご来光を拝みに山門前へ
おつとめを終えて、遥拝所に向かいます。

そしてそこで見たものは!!!




全国からお詣りに来た、白装束に身を包んだ霊友会の人たち。
雲を晴らそうと皆さん一心にご祈祷していますが・・・・
しかもけっこう長きに渡って続くんだこれが。




それどころか
彼らがナンミョーを唱えるほど、どんどん雲が太陽めがけて集結してきた・・・
向こうが明るくなっているから、そこに太陽があって、その下に富士山があるのでしょうけど・・・





ナンミョーの人たち退却
残念でしたってことで、退却。

すると、こんな風に。




あ、出てキタ!
と思ったら、敬慎院のホンモノのお坊様たちが祈祷していたのだった!!
やっぱホンモノはちがう!

R0016291.JPG
この写真、撮影Byうちのだんな。
うちのだんなは写真が上手い。



ホンモノは絵になる!
そしてホンモノは絵になる。




ぴかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぴかーーーーーーーーーーーーーーーー!
ものすごいエネルギー。




ご来光
それはこんな風に門を通る。

R0016312.JPG







>>>つづく
posted by 0467 at 23:13| Comment(1) | ジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。