AX ZONE0467

2011年02月28日

ラー あるいは天国の階段

本日は、大仏様を見て、未だ行ったことのない衣張山に登ってみようと思い立ちました。

大仏様には【増上寺】のタグ(なんていうの?)をつけた若い托鉢僧がいて、
なんていうか、心あたたまるものを見せていただきました。
このようにして私たち日本人は、【手を合わす】ってことを無意識に学んでいくんだと思う。

写真をちょっと加工しただけで、昭和かと思う雰囲気にw


心あたたまりました
心あたたまりました


で、衣張山ですけど、
かなり侮れないのね・・・・

ルートなど調べるはずもなく、よくワカンナイから報国寺の手前からガンガン上に登っていきました。
が、息上がりまくり。
なにしろ七面山以来の山。
骨折以来初めての山。
・・・とはいえ、ま、ほどなく着くんですけど。

そこで見たものは!!!



衣張山からの眺め
衣張山からの眺め

わ、わ、わ!!!
と思って、何回かシャッターを切ったら、
太陽からなんかがびろ〜〜〜〜〜んとしてた。



衣張山からの眺め
衣張山からの眺め

偶然のびろ〜んなのかと思ってもう一度撮ったら、
びろーんが若干違ってた。



衣張山からの眺め
衣張山からの眺め

こんなところに住んでいて本当に幸せだとしみじみ思った。

こういうのを見ると
太陽神ラー
について、エジプトの昔から、人間が畏れ、奉っていた気持ちがわかる。

で、ここ衣張山ですけど、
この山頂は明らかに、昔の太陽遥拝所だったと思う。
だって、地面にこんなものが残ってるもん。
それにガスがなきゃ、向こうに富士山もくっきり見えるはずだし。



衣張山のナニカの跡
衣張山のナニカの跡

四角いのは柱の跡。
では、丸いのはなあに?

詳しい人是非教えて下さい。


あ、あと、遠くに観音様も見えた。



衣張山から観音様が見えた
衣張山から観音様が見えた

で、本当は日没を見届けたかったけど、
暗くなる前に山を下りなきゃいけないので退散しました。

下る道は、カンで、大町の方に下りるだろうと思って進んだけど、
確かに大町の奥に出たけど、
かなり修行だった。

鎌倉もホント、いろんなとこがあります。


posted by 0467 at 00:52| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

権五郎神社(御霊神社)のお花

春一番が吹いた今日、
どなたかがtwitterで、権五郎神社で桜が咲いてるとあったので、
桜マニアとしては見に行かないわけにいかない!

というわけで、とっとと行って参りましたの。

いつも通り、手や口を清めて、キョロキョロするも、
どこに桜が??
って場所にありました。
ちょっと笑っちゃうような感じで。



権五郎神社の桜



権五郎神社の桜

なんかこう見ると、「おおっ!」って感じでしょ?
でも実際は・・・・・


権五郎神社の桜

まあ、初鰹と同じで、美味いことに意味があるのではなく、
初物ってトコに意味を見出すのが私たち。


それよりやっぱり今はまだ、梅の季節。
私の名前「かおり」も、私が生まれた時、庭の梅がとてもいい香りだったから、
って由来あり。
そんな私の誕生日は3月5日。
もうしばらく梅を楽しみましょう。
赤も白も見頃です。


権五郎神社の紅梅



権五郎神社の白梅




頑張れでかい夢

9歳の【博士】のお願いごと。
スケールがでかくて、気分がイイです。
叶うといいね、取れるといいね、ノーベルしょう!!

posted by 0467 at 01:51| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷ユースホステル

長谷ユースホステルがどこだかわかった


よく、地図なんかで【長谷ユースホステル】って目にするのだけど、
実際どこにあるのかまったく知らなくて、
勝手に能舞台の方かなと思っていたんですけど。

今日、偶然どこだかわかった次第!
かわいらしいビースののれん?が目印。

posted by 0467 at 01:22| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。