AX ZONE0467: 鎌倉

2012年03月19日

坂田庄次さんについて

2012takumi.jpgもうすぐ北鎌倉「匠の市」。
この立ち上げに尽力したのは、先日亡くなった坂田庄次さんだった。

坂田さんの話を記しておきたい。
長いけれど、北鎌倉の人はぜひ読んで欲しい。

うちの父と坂田さんが友達だったので、私は子供の頃からお世話になった。
鎌倉に戻ったら畑をやろうと決めていたのも、子供の頃、今のノース菜園を坂田さんと父が一緒に耕していた記憶があったからだ。
話をしに行くと、彼はたいそう喜んで、「でも香織ちゃんに畑なんてできるかな?」と言いながら、快く土地を提供してくれた。

私が北鎌倉を離れている間に、地元のシンボルのひとつである、栗田邸がマンションになった。

その景観をめぐって、坂田さんは粘り強い反対運動と改善策を申し入れてくれた、そのおかげで、私たちには季節のシンボルだったハクモクレンの大木は、切り倒されずに済んだ。
移植がまずかったため、枝振りも、花も、以前のようなものではないにせよ、だ。


もうひとつ、地元のシンボルは、今は無き好々亭の「赤トンネル」だ。
これは横須賀線の線路際にあるので誰でも目にしていると思う。
この赤トンネルのある山は、悪質業者によって開発され、マンション建設の計画が進んだが、これも坂田さんが意を決して反対活動に尽力し、長い長い交渉の末、ようやく市がこの土地を買い上げてくれるところまでもっていった。
ただ、それが実行される日付を待たずして、彼は逝ってしまった。


彼の訃報は、私が石巻に行く前日の夜中に飛び込んできた。
早寝しようと思っていたのに、ショックや連絡で、早寝とはならなかった。
石巻から戻り、葬儀の場で私が聞いたことは、耳を疑う内容だった。

もともと建築家だった坂田さんは、齢70超にして、今後の人生を石巻の復興に尽力する気でいたというのだ。
政府が出した堤防のプラン、漁師を高台に住まわせる策を無謀だとして、自ら別プランを作成し、提出していたという。
そしてそのプランは評価され、実現にあたり、坂田さんは自ら石巻に居を移す計画をしていた矢先だった。
「何年かかるかわからないが、向こうが落ち着いたら、北鎌倉に戻るよ」と侘助で漏らしていたという。
棺の中の坂田さんの胸に、その分厚い計画所が置かれていた。

彼は頑固で、気難しいところもあったけれど、ある頃から本気で北鎌倉の活性に人生をかけていた。
畑の件で酒を飲みに行ったとき、その本気さに私は驚いた。
そのやり方や、発想は、年相応だったのかもしれないが、誰がそれを非難できる?
やらないヤツよりやるヤツだ。

彼のことだから、石巻の件も本気だったんだと思う。
北鎌倉を離れたことのない人が、そこまでしようとしていたのだから、志半ばでさぞ無念だったことだろうと思う。
落ち着いた頃合いを見て、その計画について、詳しいことを聞きにいってみようと思う。


北鎌倉にはそんな人もいた、ということだ。
絶対に忘れたくはない。

庄ちゃん、本当にありがとうございました。
どうぞ安らかに。
そして上から北鎌倉を見守っていてください。
posted by 0467 at 14:21| Comment(1) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

滅びて欲しい鎌倉の業者、の件。

そうだ!!年が明ける前に!!
忘れるとこだった!


今年の劇的なニュースのひとつに、
ゲジゲジ対策
てのがありました!

今年の夏は大騒ぎしなかったから、もはや忘れ去られた感さえある、このゲジゲジ問題
これは@kamakuramomさんによって紹介いただいた業者さんの施策が奏功したからで、
ほんっとに劇的なカイゼンが見られたわけです。
アレをやってから、もう、人生はガラっと変わった。
感謝のしようもありません。

しかし、そこに至るまでに、私を思いっきり炎上させた出来事があったことは記しておきたい!


お友だちにはおなじみですが、この家に越してきてからというもの、
私が日々悩まされたのは巨大ゲジの「頻出」でした。
あ、ムカデも出ましたけど、ムカデは自分で殺せるからいいの。
ゲジの場合、私は心臓がバクバクして足がすくみ、直視すらできません。
ちなみに巨大っていうのは、全長15センチ以上のことですわ。

とにかく、出る。
昨年では、最後のゲジを殺したのは12月。
今年に入って最初のゲジは3月。

私もう、家に帰るのがいやでいやでしょうがなかった。
特にジメッとした日とか雨の日は。
そんで、「今日は、いるな」と思うと、絶対にいる。
もうわかってるから、わざわざあーちゃんに一緒に来てもらって、始末してもらうという友情バンザイな。


そんで、「ゲジが出ていやだ」って話をすると、
「鎌倉生まれのに、慣れてないの?」と90%ぐらいの人に言われましたけど、マイ実家で見たことありません。
「ゲジは益虫だよ」も言われましたけど、どうでもいいです。
「それがいやなら鎌倉に住む資格が・・・」とか、ヨソから来てしたり顔で住んでる人間に言われるほど不愉快なことありません。

で、そういうヤツに限って、「出る」の頻度が、「せいぜい年2回」とかだったりするわけですから、
どのツラ下げて言ってんだボケ!そんな言うなら、この家住んでみろ!!!
てなもんです。
年2回でギャアギャア言うわけがありません。
こちとらアベレージ週5匹ですから。繰り返します。週5匹 or more です。

深刻です。
実際は、ゲジは気持ち悪いだけで大して悪いことしないので、
それより凶悪なムカデの方がヤバいです。
いずれにせよ、そういうものが、しきりに出るわけです。

いい加減ムリだから、引っ越そうかと思いました。

だけど、その前に、不動産屋ならいい駆除業者を知ってるかと思って電話してみました。
書いておきたかったのは、これ以降の話でございます。

私は、切実な「出具合」による被害を訴えました。
すると、その不動産屋は言いました。
「あなたは鎌倉生まれなのに・・・」
「ゲジは益虫ですが・・・」
「それがムリなら鎌倉には・・・」

ふ ざ け ん な !

私が知りたいのは、不動産屋が駆除業者を知ってるのか知らないのか、それだけです。
鎌倉に住む「資格」についてご教授いただくために電話してません。

ま、不動産屋にとっちゃ、私がとっとと引っ越したほうが、いいわけです。
また儲けられますから。
出て行きたいなら、お行きなさい、ぐらいの話です。
大家さんの身にもなっていないわけです。

で、不動産屋は言いました。
「業者を調べられるっちゃ調べられますけど、、、費用がかかることですから、、、。
あなたの場合は、隣に大家さんのおうちがあるわけですから、直接話したらどうですか?
まあ、業者は、いずれにせよ、調べて日程こちらからお電話しますけど」


そしてこの頃、@kamakuramomさんから、劇的に効く、駆除業者の情報をいただいておりました。
私はもう、この業者さんにお願いしようと決めていましたけど、不動産屋に話した以上、
連絡を待ったほうがいいなと仁義の問題でペンドしていました。


数日後、こころ優しい大地主の大家さんがピンポーン♪ とやって来ました。
見ると、ゲジムカデ系専用スプレー、家のまわりに撒く粉、手袋、ほうき、ちりとりなど
普通の人ができる対策グッズ一式を持っています。
「ごめんなさいね、やな思いさせちゃって・・・」と大家さんは言います。
びーっくりしました。
こころ優しい大家さんのせいではないのです。
そして実は、、、、、それらのグッズはすべて一式、すでに最新鋭のものを完備しております。
もう、そういう次元ではないのです。

大家さんは、出る「頻度」の話を聞いて、ひっくり返っていました。
ちなみに、うちの裏の家(同じ大家さん)でも状況は同じです。
しかも裏の家は赤ちゃんいます。
「それは、さすがにヤバい・・・。業者入れましょう!
不動産屋から連絡来るんですね?そしたら日程の調整しましょう!」

この大家さんはむちゃくちゃイイ人な上に、決断早いのです。


・・・・ところが。
それから1週間経ち、10日経ち、あの不動産屋、いっこうに電話来ません。
その間、私の江ノ島まで聞こえる「ギャーーーーーーーーーーーーー!!!」が
何回繰り返されたとお思いですか?

いい加減、アタマに来て、私から電話しました。
ボケッとした調子で、オッサン出ました。
「・・・・あ〜〜〜、虫の件ね。苦笑。で?なんですか?」て、言いました。
さすっがに、キレました。

「なんですか?って・・・・。業者調べて連絡いただくことになってましたよね?」
「あ〜〜〜それね〜・・・。あれ?AZさん(大家)行きませんでしたか?」
「お見えになりましたけど、、、、、、え?それって、つまり、アレで終わりって話ですか?」
「いやあ、AZさんに連絡したら、ご自身で行くと言ってたんで。ええ」
「あの、私が確認したいのは、そちらで連絡下さることになってませんでしたか?ってことなんですけど。
おっしゃいましたよね?業者の日程調べて連絡するっておっしゃいましたよね?
私、ずーっと待ってたんですけど」
「あ、ま、たしかに、はい、そうですね、それは言いましたけど、、」
「けど、なんです?」
「いや、実際、駆除業者と言ってもですね、完全には駆除できるものでもないですしね、費用もね、、、」
「いえ、もう結構です。人からの紹介で完全な対策できるとこの情報得ましたから。
大家さんもOK出てます。私はスケジュールの件で、御社からの連絡を待っていたわけです」
「はあ、、、、それは、、、失礼しました(別に、、感丸出し)」


私は別に、解決するなら費用こっちでもってもいいと思っていたわけですけど、
このオッサン、仕事する気ねえな、て感じです。
典型的な鎌倉の商売って感じです。

10数年、この町を留守にしてましたが、このあいっかわらズさにはシビレます。
この不動産屋以外にも、これもんの商人多いはずです。

ていうか、とっとと滅びたらいい、こんな業者。


で、大家さんに直接その駆除業者の件を話したら、翌週には呼んでくれて、
それ以降、まったく出ておりません。
我が家は平和になりました。








posted by 0467 at 03:04| Comment(2) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

稲村ケ崎からダイヤモンド富士を見る

昨日、今日と、このあたりからダイヤモンド富士が見られる、
しかも海沿いのポイントから見られるラストチャンスというので、

仕事を早めに終えて、とーーーーーっとと帰宅。

カメラもって稲村に。

日が落ちるにつれ、次第に輪郭を表してくる富士山。
夕陽に照らされて波しぶきも金色に光る。

日本人てやっぱ富士山が大好きなんだよね。
日が山頂に落ちて行く瞬間を、ファインダー越しにたくさんの瞳が見つめている。

それにしても、美しい町に住んでいるもんだな、と思う。
そして、海、空、山、太陽のこんな美しさは、いつまで美しいだけでいるんだろう、
ある時、ふっと姿を変えて、それはとんでもない恐怖になるんだろう・・・
などということを、以前よりもっとリアリティを持って考えるようになった。

・・・ただ、荒れ狂う姿もまた美しいことも事実だったりする。

無常感。


DSC_0413_01.jpg

 
稲村ケ崎からのダイヤモンド富士12



稲村ケ崎からのダイヤモンド富士6
posted by 0467 at 00:07| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。